各テーマをクリックすると世界ランキングのページに移ります





世界のウラン埋蔵量ランキング


世界でウランの埋蔵量が多い国はどこだ?

世界の主要国によるウランの埋蔵量ランキングです。
ウラン埋蔵量とは、各資源の確認可採埋蔵量で、現在の技術・経済条件の下で、採掘できると確認された資源の量のことです。 ウラン埋蔵量、世界一はオーストラリアで年間117万9000トンです。2位アメリカ、3位カザフスタンと続きます。ウラン埋蔵量はオーストラリアが断トツで多く、その埋蔵量は2位アメリカの約2.5倍となります。日本のウラン埋蔵量は年間6600トンで、20位です。

世界のウラン埋蔵量ランキング一覧
世界のウラン埋蔵量ランキング
ランキング 国(地域) 単位:t
1 オーストラリア 1179000
2 アメリカ合衆国 472100
3 カザフスタン 414200
4 カナダ 387400
5 ニジェール 244600
6 南アフリカ 195200
7 ロシア 181400
8 ブラジル 157700
9 ナミビア 157000
10 ウクライナ 142400
11 中国 115900
12 ウズベキスタン 76000
13 インド 55200
14 モンゴル 37500
15 デンマーク 20250
16 アルジェリア 19500
17 アルゼンチン 10400
18 フランス 9000
19 トルコ 7300
20 日本 6600
21 スペイン 4900
22 インドネシア 4800
23 ガボン 4800
24 ドイツ 3000
25 ジンバブエ 1400
26 メキシコ 1300
27 ペルー 1300
28 イラン 700
29 チェコ 400
総務省 2008年






【世界のエネルギー埋蔵量ランキングの最新記事】
posted by poponecity at 16:15 | Comment(0) | 世界のエネルギー埋蔵量ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。