各テーマをクリックすると世界ランキングのページに移ります





世界のバター生産量ランキング


世界でバターの生産量が多い国はどこだ?

国別生産量とは、各国の領土内における総生産量です。データのある国の中で、生産量が多い国を掲載しています。最新データがない国は掲載されていない場合があります。 ランキングのバターとは、ミルクから得たバターその他の油脂及びデイリースプレッドのことです。

世界の主要国によるバター生産量ランキングです。
バター生産量、世界一はアメリカで年間74万6000トンです。そして、ドイツ、ロシアと続きます。日本のバターの生産量は年間7万2 000トンです。

世界のバター生産量ランキング一覧
世界の主要国  バターの生産量ランキング  (年間)
ランキング 国名 単位 1,000t
1 アメリカ合衆国 746
2 ドイツ 475
3 ロシア 272
4 イギリス(2006年データ) 239
5 ポーランド 180
6 オランダ(2007年データ) 178
7 デンマーク 104
8 ベラルーシ 98
9 ウクライナ 85
10 ブラジル 72
11 スウェーデン 72
12 日本 72
13 アルゼンチン 51
14 イラン 47
15 チェコ 44
2008年データ






posted by poponecity at 12:11 | Comment(0) | 世界の食品生産量ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。