各テーマをクリックすると世界ランキングのページに移ります





歴代 外国人相撲力士の出身国ランキング  外国人力士が最も多い国は?


歴代の外国人相撲力士の出身国で最も多い国はモンゴル。2位はアメリカ。
歴代の外国人力士の横綱はモンゴルが4人、アメリカが2人。


歴代の外国人相撲力士
ハワイ、マウイ島出身の高見山(先代・東関親方)が外国人力士として初めて十両に昇進して関脇にまで上り詰めました。その後、ハワイ、オアフ島出身の小錦が大関まで昇進、同じくオアフ島出身の曙が外国人初の横綱昇進を果たしました。1990年代まではハワイ出身のアメリカ人力士が多く、2000年代に入ると朝青龍や白鵬などのモンゴル出身力士が多くを占めるようになりました。ちなみに2014年には、大相撲史上初めて、白鵬、日馬富士、鶴竜の3人が横綱になりました。

歴代 外国人相撲力士の出身国ランキング
歴代の外国人相撲力士が最も多い国はアメリカで55人です。2位はモンゴルで31人、3位はブラジルで16人と続きます。
外国人力士の横綱はモンゴルが4人(朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜)、アメリカが2人(曙、武蔵丸)となります。

歴代 外国人相撲力士の出身国ランキング
歴代 外国人相撲力士の出身国ランキング
順位 国・地域名 人数
1 モンゴル 55
2 アメリカ 31
3 ブラジル 16
4 韓国 12
4 中国 12
6 トンガ 8
7 ロシア 6
8 グルジア 4
8 フィリピン 4
10 アルゼンチン 2
10 英国 2
10 エストニア 2
10 サモア 2
10 ブルガリア 2
出典:財団法人日本相撲協会 2014年




posted by poponecity at 11:55 | Comment(0) | 世界の人口ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難民の多い国ランキング  難民の出身の最も多い国は?


難民の最も多い国はアフガニスタンの255万6556人

難民とは
難民とは政治的迫害、宗教的迫害、対外戦争などの理由で危険から逃れるため、あるいは住んでいた土地から強制的に追われた人々のことです。ちなみに6月20日は「世界難民の日」とされています。

難民の最も多い国は?
難民の最も多い国はアフガニスタンで255万6556人です。2位はシリアで246万8369人、3位はソマリアで112万1738人と続きます。中東、アフリカの国が上位となりました。ちなみに日本の難民の数は157人です。

難民の出身の多い国ランキング  2013年公表
難民の出身の多い国ランキング  2013年公表
順位 国・地域名 人数
1 アフガニスタン 2556556
2 シリア 2468369
3 ソマリア 1121738
4 スーダン 649331
5 コンゴ民主共和国 499541
6 ミャンマー 479608
7 イラク 401417
8 コロンビア 396635
9 ベトナム 314105
10 エリトリア 308022



日本 157




posted by poponecity at 11:00 | Comment(0) | 世界の人口ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年 ブラジルワールドカップについて  出場国一覧 開催都市 1次リーグ組み合わせ


64年ぶりのブラジルでの開催
日本代表はグループCに入り、コロンビア、コートジボワール、ギリシャと対戦


2014年 ブラジルワールドカップサッカーについて
ブラジルは南アメリカ大陸最大の面積を誇り、その国土面積は世界第5位、日本の約22.5倍となります。ワールドカップの行われる6月〜7月はブラジルの冬にあたり、比較的暑さがしのぎやすくなります。
ブラジルでのワールドカップ開催は今回が2回目で、1950年大会以来64年ぶりとなります。因みに1950年の大会では決勝でウルグアイに敗れて2位に終わっています。

2014年 ブラジルワールドカップサッカー 出場国一覧
ブラジルが20回連続の出場で最も多く全大会で出場しており、続いてイタリア、ドイツの18回となります。アジアでは韓国の9回が最も多く、続いて日本の5回となります。今回のワールドカップでは初出場はボスニア・ヘルツェゴビナの1カ国だけです。

ブラジルワールドカップサッカー 出場国一覧
2014年 ブラジルワールドカップサッカー 出場国一覧
地域 予選順位 出場国 出場回数
南米 開催国 ブラジル 20大会連続20回目
南米 1位 アルゼンチン 11大会連続16回目
南米 2位 コロンビア 4大会ぶり5回目
南米 3位 チリ 2大会連続9回目
南米 4位 エクアドル 2大会ぶり3回目
南米 5位 ウルグアイ 2大会連続12回目
欧州 A組1位 ベルギー 3大会ぶり12回目
欧州 B組1位 イタリア 14大会連続18回目
欧州 C組1位 ドイツ 16大会連続18回目
欧州 D組1位 オランダ 3大会連続10回目
欧州 E組1位 スイス 3大会連続10回目
欧州 F組1位 ロシア 3大会ぶり10回目
欧州 G組1位 ボスニア・ヘルツェゴビナ 初出場
欧州 H組1位 イングランド 5大会連続14回目
欧州 I組1位 スペイン 10大会連続14回目
欧州 プレーオフ クロアチア 2大会ぶり4回目
欧州 プレーオフ ポルトガル 4大会連続6回目
欧州 プレーオフ ギリシャ 2大会連続3回目
欧州 プレーオフ フランス 5大会連続14回目
中南米 1位 アメリカ合衆国 7大会連続10回目
中南米 2位 コスタリカ 2大会ぶり4回目
中南米 3位 ホンジュラス 2大会連続3回目
中南米 4位 メキシコ 6大会連続15回目
アジア A組1位 イラン 2大会ぶり4回目
アジア A組2位 韓国 8大会連続9回目
アジア B組1位 日本 5大会連続5回目
アジア B組2位 オーストラリア 3大会連続4回目
アフリカ
コートジボワール 3大会連続3回目
アフリカ
ナイジェリア 2大会連続5回目
アフリカ
カメルーン 2大会連続7回目
アフリカ
ガーナ 3大会連続3回目
アフリカ
アルジェリア 2大会連続4回目


ブラジルワールドカップサッカー 開催都市
ワールドカップは12都市で行なわれます。
日本の第1戦はレシフェのアレナ・ペルナンブーコ、第2戦はナタールのドゥーナス、第3戦はクイアバのアレーナ・パンタナールで行われます。第1戦と第2戦のスタジアムは近いので移動も楽ですが、第3戦のクイアバは西へ移動しなければなりません。日本代表の総移動距離は2777kmで参加国の中では17番目に長くなります。因みに移動距離の一番短いのはベルギーの726km、移動距離の一番長いのはアメリカの5588kmになります。

ブラジルワールドカップ 開催都市とスタジアム一覧
ブラジルワールドカップサッカー 開催都市
都市 スタジアム 収容人数
リオデジャネイロ マラカナン 76804人
ブラジリア ナシオナル 70064人
サンパウロ アレーナ・デ・サンパウロ 65807人
フォルタレザ カステロン 64846人
ベロオリゾンテ ミネイロン 62160人
ポルト・アレグレ ベイラ・リオ 48849人
サルヴァドール フォンチ・ノヴァ 48747人
レシフェ アレナ・ペルナンブーコ 44248人
クイアバ アレーナ・パンタナール 42968人
マナウス アレーナ・アマゾニア 42374人
ナタール ドゥーナス 42086人
クリチバ アレナ・ダ・バイシャーダ 41456人


ブラジルワールドカップサッカー 1次リーグ組み合わせ
2013年12月6日に行われた1次リーグの組み合わせ抽選会では、開催国のブラジルの他に、スペイン、ドイツ、アルゼンチン、コロンビア、ベルギー、ウルグアイ、スイスの7カ国がシードされました。その8カ国がポット1となり、ポット2はアフリカ5カ国、南米2カ国、ポット3はアジア4カ国、北中米カリブ海4カ国、ポット4は欧州9カ国に分かれました。また、ポット4は1カ国多いため事前の抽選によりイタリアがポット2に組み込まれております。
日本代表はグループCに入り、コロンビア、コートジボワール、ギリシャと対戦いたします。

ブラジルワールドカップ 組み合わせ
ブラジルワールドカップサッカー 1次リーグ組み合わせ
グループA グループB グループC グループD
ブラジル スペイン コロンビア ウルグアイ
クロアチア オランダ ギリシャ コスタリカ
メキシコ チリ コートジボワール イングランド
カメルーン オーストラリア 日本 イタリア
グループE グループF グループG グループH
スイス アルゼンチン ドイツ ベルギー
エクアドル ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル アルジェリア
フランス イラン ガーナ ロシア
ホンジュラス ナイジェリア アメリカ 韓国



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。